『産後ダイエット』

出産を経験し可愛い我が子が産まれてしばらくの間は、育児でバタバタしているので気づきませんが、少し余裕が出てくると産後太りをしていた!というご経験をお持ちの方も多いことでしょう。
子育てを頑張っている証拠ですから後悔する必要はありません。今から少しづつ自分ににも気を配り整えていけばよいのです。
ひとつ気を付けておきたい点は、子供が産まれる前には、胎児への栄養と食べていた食事も同じように食べていては自分に蓄えられるばかりです。
ますは食事の量を見直して、産後、育児の中でうまくダイエットを取り入れていきましょう。

■日常生活で取り入れましょう。

産後の体型は、やはり出産以前とは違い変化しています。
ダイエットしたいと思っても、母乳をあげていたり育児には体力が入りますから無理なダイエットは禁物です。育児中心の中で無理の無いダイエットを上手く取り入れていくようにしていきたいですよね。
授乳中の方は、脂質や糖分が多い食事をすると母乳がつまりやすくなってしまいます。
母乳を意識した食事に変えることで体重も落ちていくことでしょう。
授乳中にダイエットはできませんので、しっかりと必要な栄養を摂り良い母乳をあげることが大切です。
授乳中は食べるダイエットです。栄養素を中心に考えた食事を摂ることで体質が変わっていくので痩せやすいからだ作りができます。
授乳をしていない方も、妊娠中や出産で体力が消耗していますから、間食を控えて食事をしっかりと摂る、食事の量に気を付けるようにしましょう。
子育てには体力が必要です。産後の体を整える為にも食べないダイエットは禁物です。

■骨盤がずれると下半身が太りやすい体に

出産により開いた骨盤は3~4ヵ月ほどかけてゆっくりと元に戻ります。
骨盤がずれてしまうと、内蔵の位置がずれ、ずれを守ろうと脂肪がつき太りやすくなってしまいます。
骨盤がしっかりと戻る前に、足を組んだりするのは控えたほうがよいでしょう。
出産後からは、骨盤ベルトなど様々な種類のものがでていますので上手く利用し、なるべく骨盤がずれない生活を意識して送るようにしましょう。

■産後ダイエットは焦らず適切な時期になってから

出産後にスタイルが気になる方が多いかと思いますが、出産という大変な仕事をした体は、骨盤も開き普段とは違っていますから無理をしてはいけません。
また、赤ちゃんも1ヶ月ほどは外気浴はあまり良くないとされていますから、家の中でゆっくりと赤ちゃんと過ごす時間を大切にするのが良いかと思います。
1ヶ月経つと、外気浴やお散歩など定期的に外に行くことが増え、散歩をしながらウォーキングなどゆっくりとダイエットをはじめることができるでしょう。

まとめ

出産後は体型が気になりがちになりますが、まずは育児優先で時間ができた時に、無理なくゆっくりとダイエットをはじめていく事が大切です。
何か取り入れたいという方は、まずは骨盤が柔らかいうちが効果が高い骨盤矯正から始めることをおすすめします。 体型維持は、日々の健康にもつながりますので、健康で元気に子育てをしていけるように向き合っていきましょう。

PAGE TOP