• ホーム
  • ~ダイエットに失敗する理由~

~ダイエットに失敗する理由~

1、楽しくなければ続かないダイエット

勉強や仕事もイヤイヤしていては成果が得られないのと同じで、ダイエットも苦手なことを山ほど目標に掲げても、うんざりするだけです。 苦手な腹筋を1日に100回とか、スイーツは一切食べないとか自分をいじめるようなダイエットは長続きしません。
自分に合った方法を探し出してダイエット計画を立てると、楽しくダイエットできます。ダイエットに失敗する理由は、興味がないことをダイエットメニューに取り入れるからです。

2、実践!楽しくキレイに痩せる3つのダイエット法

ダイエットの基本は、腹筋や背筋などの筋トレとウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を、週に2回~3回おこないながら、食事の摂取カロリーを減らすことです。
仕事や家事が忙しくトレーニング時間がとれてない人もコンビニ食に偏りがちな人も工夫次第で筋肉をつけ、カロリーを減らすことができます。

①腹筋が苦手な人も気軽におこなえるスロースクワットのやり方 腰に手を当て足を肩幅くらいに開きます。つま先をやや外側に向けてひざを軽く曲げます。
3秒ほどかけてゆっくりとイスに腰かけるようにして腰を下ろします。
できればももが床と平行になるくらいまで落とし「1、2、3」と声をだしてその姿勢をキープし、ゆっくり元の姿勢に戻ります。
ゆっくりとおこなうことで血管が圧迫され、ダンベル運動などで重い負荷をかけたときと同じ効果が得られます。

②有酸素運動はその場足踏みやエア縄跳びでOK
身支度をしてウォーキングやジョギングに出かける時間がなくても、その場で足を高く上げて足踏みをしたり、縄を持たずに手首を回しながらタイミングを合わせて跳躍することで有酸素運動ができます。

③コンビニ食も上手に活用
コンビニ食で、ついやってしまいがちなおにぎりとカップ麺の組み合わせですが、どのカップ麺も400?前後で、おにぎり1個が170?ぐらいになります。
カップめんを和風きのこスープ40?に変えると、130?もカロリーを減らすことができます。
不足した栄養素のうち野菜はトマトジュース1缶38?で、たんぱく質は焼き鳥1本100?前後で摂取すると、1食に必要な栄養素がすべて摂れます。
コンビニ食も、チョイスの仕方でバランスの良い食事になります。

3、ダイエットの恐怖、リバウンドの原因

リバウンドとは、いったん減った体重が再び増え始め、最悪の場合には、ダイエット前よりも太ってしまうことです。
過酷すぎるダイエットや体重にとらわれるダイエットは、リバウンドをくり返す傾向にあります。

まとめ

筋肉は年齢とともに減っていき、脂肪は落ちにくくなります。
定期的に筋肉トレーニングをおこなうと成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が高まり全身の細胞が燃えやすい体になります。
また、ダイエットの目的を「魅力的な自分づくり」に設定して自分に適したダイエット法をすすめていくと、無理なく痩せていきます。
ダイエットに失敗する人の多くの原因は、体重にこだわり過ぎることのようです。 体重はそれほど減らなくても、見た目が締まって見えればダイエットは成功です。

PAGE TOP